Loading...
お問い合わせ
新製品 タイコエレクトロニクスジャパン

SFP-DD ケージ& コネクタ • 2レーンインターコネクト

SFP-DD ケージ&コネクタ

  • 2レーンインターコネクトにて、28GNRZおよび56GPAM-4信号伝送を実現。
  • 下位互換性のあるインターフェースにより、簡単にシステムの統合が可能。
  • 業界をリードするサーマル(熱)管理を実現。

TE Connectivity(TE)のI/Oインターコネクト用の小型フォームファクタプラガブル倍密度(SFP-DD)製品には、ケージ、表面実装コネクタ、ケーブルアセンブリのラインアップがあります。本製品は、SFP-DDマルチソースアグリーメント(MSA)によって、開発されました。SFP-DDは、昨今の業界最小のスモールフォームファクターの1つであり、データセンターシステムを2倍のポート密度でより高速なデータ転送速度で動作させることができます。また、当社のSFP-DDコネクタおよびケージは、さまざまなメーカーが製造したモジュールコンポーネントと相互運用可能です。QSFP28/QSFP56ソリューションと比較して、アプリケーションでの省スペース化を実現します。

アプリケーション

  • スイッチ
  • サーバー
  • ルーター
  • ストレージ装置
  • 基地局
  • 高速を必要とするその他のアプリケーション
  • I/Oデータ送信

主な利点

  • 高密度。シグナルインテグリティが高い2レーンインターコネクト。SFP28 / 56 よりも-コンセプトはQSFP-DD表面実装技術(SMT)設計を活用しています。SFP28 / SFP56ソリューションと比較して、SFP-DDケージとコネクタ は2倍の密度と2倍の速度を提供し、2つのチャネルを介して最大 112Gbpsを伝送可能。
  • 下位互換性
  • 省スペース化-PCBとフェースプレートの省スペース化
    QSFP28 / QSFP56と比較して解決。機能がアップグレードされた1つのポート:2つのチャネル28GNRZおよび56GPAM-4に拡張
  • 業界をリードするサーマル(熱)管理-TEの革新的な熱橋技術により優れた熱管理を提供。
  • カスタムソリューションで設計の柔軟性を提供。

ターゲットマーケット

  • ネットワーキング
  • データセンター
  • ワイヤレスインフラストラクチャ

電気的特性

  • 動作周波数:28GHz NRZ、56GHz PAM4
  • 公称インピーダンス:100オーム
  • SIパフォーマンス:
  • 28GHz:IEEE802.3bjに準拠
  • 56GHz:IEEE802.3cdに準拠
  • 温度定格:-55°C〜 + 85°C

規格と仕様

  • 製品規格: 108-130026
  • 取付適用規格:114-60027

機械的特性

  • 挿抜回数:EIA-364-9ごとに100回
  • 1マイクロ秒以上の不連続性は無し
    EIA-364-28に準拠した持続時間振動

材料

  • 内部端子:NiCu
  • ハウジング:LCP
  • アウターボディ、 ステンレス

Cages

EMI Suppression Light Pipe Option Heat Sink Option Part Number
1×1 1×2 1×4 1×6 1×8
EMI Spring Fingers
* No 2335809-1 ** 2344508-1 2345214-1* 2364488-1*
* Heatsink Opening 2335809-2* ** 2-2344508-1* * 2364488-3*
* PCI HS 2359845-1 ** * 2365464-1*
* SAN HS 2359845-2 ** ** 2365464-2*
* Networking HS 2359845-3 ** ** 2365464-3*
* Thermal Bridge 2359292-1* ** * *

 

Connectors

Part Number Application
2325864-1 Standerd
2325864-2 Belly to Belly

Heatsink Clips

Heatsink Clip Light Pipe Option
1-2347515-1* Single
1-2356211-1* Dual
1-2348556-1* No

*Tooling in process

** Not yet tooled but planned

 

TOP