Loading...
お問い合わせ
新製品 三菱電機

形彫放電加工機「SG シリーズ」

三菱電機株式会社は、電気部品・電子部品などの微細部品からスマートフォン・自動車部品などの中・大面積部品まで、多種多様な加工に適した形彫放電加工機の新機種として「SGシリーズ」2機種を12月5日に発売します。
当社のAI技術「Maisart(マイサート)※1」を活用した新適応制御技術※2を搭載し、生産性の向上に貢献します。
また、IoTを活用したリモートサービス「iQ Care Remote4U」により、遠隔からの運用と保守を実現します。

※1 Mitsubishi Electric’s AI creates the State-of-the-ART in technologyの略。全ての機器をより賢くすることを目指した当社のAI技術ブランド。
※2 加工進行状況(加工深さ)の自動認識・判別し加工の安定化を図る技術。

新製品の特長

  1. 当社AI技術「Maisart」を活用した新適応制御技術により、生産性向上に貢献
    ・新適応制御技術により、加工状態をリアルタイムに把握し、最適な制御に自動切換えすることで、生産性を従来比※3最大35%向上

    ※3 従来機EA-Sシリーズとの比較

  2. 機械構造の見直しと高加速度ジャンプにより、高速・安定加工を実現
    ・ヘッド部分の鉱物形状・剛性の改良など機械構造を見直し、高精度ボールネジを採用。
    微細加工から中・大面積部品まで安定加工ができ、多種多様なアプリケーションに対応。
    ・従来比2.5倍の高加速度ジャンプ※4により、ゲート(穴)やリブ(溝)などの難加工箇所の高速加工を実現

    ※3 加工時の主軸ジャンプアップ(上昇)動作時間を短縮した高速加工用ジャンプ制御

  3. 「iQ Care Remote4U」により、遠隔からの運用と保守を実現
    ・リモートサービス「iQ Care Remote4U※5」に対応し、「加工状態見える化モニター」による加工技術のサポートや稼働状況の遠隔監視を実現し、運用と保守を支援
    ・クラウド環境の構築が困難なユーザーに対応した「iQ Care Remote4U Edgecross版(イントラネット版)※6」や「MT Connect※7」に対応可能

    ※5~7 いずれもオプション
    ※6 社内ネットワーク(イントラネット)内で機械の稼働監視が可能となる新機能
    ※7 MT Connet協会が標準を定め、製造機器を対象に公開している通信プロトコル

発売の概要

品名 型名 標準価格(税抜) 発売日 販売目標
形彫放電加工機 SG8 1,380万円 12月5日 175台
SG12 1,550万円 100台

発売の狙い

販売現場では、製品のウェアラブル化や自動車の電動化の加速によって加工部分が多種多様化する中、導入設備においては、高精度かつ高速な加工と最適稼働による生産性の向上が求められています。
当社は今回、電気部品・電子部品などの微細部品からスマートフォン・自動車などの中・大面積部品まで、多種多様な加工に適した形彫放電加工機の高生産性機種として、当社AI技術を搭載し、IoTを活用したリモートサービスにも対応する「SGシリーズ」を発売し、生産性向上に貢献します。

主な仕様

項目 仕様
形名 SG8 SG12
機会寸法(幅×奥×高) [mm] 1530×2000×2140 1725×2130×2420
軸移動量(X×Y×Z) [mm] 300×250×250 400×300×300
最大電極質量 [kg] 25 50
加工槽方式 自動昇降式 自動昇降式
加工槽内寸(幅×奥×高) [mm] 800×520×300 950×700×450
テーブル寸法 [mm] 500×350 700×500
工作物許容質量 [kg] 550 1000
加工液容量(初期投入量) [L] 260 (270) 360 (470)
電源装置 GV80 GV80

環境への貢献

製造現場における生産性の向上により、消費電力の削減に貢献します。

TOP